オルニチン・サプリメント・ランキング


ranking
お酒に強くなるサプリ
【オルニチン】ランキング



しじみ習慣

価格:3,582円(60粒:一ヶ月分)
販売元:自然食研
送料:無料



しじみん

価格:1,000円(1ヶ月分)
販売元:はつらつ堂
送料:無料

二日酔いになってしまう原因とは?

二日酔いというものは、本当にきついです。次の日が仕事だと地獄にも感じてしまいますよね。仕事を休みたい、と思った経験がある方も多いのではありませんか?

二日酔い対策をする前には、なぜ二日酔いが発生してしまうのか、といったことを理解しておく必要があります。

こちらでは、二日酔いが発生してしまう原因をお教えします。

血管が拡張してしまう

・アルコールに含まれるアデノシンなどに問題あり

血管には、血管を拡張する作用があります。血管を拡張する作用は良いようにも聞こえるかもしれません。血行が良くなれば、冷え性の改善も期待できます。しかし、急激に血管が拡張する、ということは身体に大きな影響を与えてしまいます。特に、日本酒にはアデノシンと呼ばれる成分が含まれており、血管を拡張してしまうのです。

血管が拡張するのが脳であった場合に、頭痛といった症状が出てきてしまいます。血管が拡張されるような作用が長時間続いてしまうと、血管が炎症を起こしてしまうのです。ズキズキとした頭痛を起こしてしまうので、注意しなければなりません。

アルコールによる二日酔いの頭痛を治すためには血管を収縮させる必要があります。

体内の水分が排出されてしまう~脱水症状~

・水分が足らなくなってしまい、2日用の諸症状が発生してしまう

アルコールを飲むということは水を飲んでいるのとは異なります。アルコールを飲んでいると、どうしても水などを飲まなくなるので、身体の水分量が減ってしまうのです。その結果、脱水症状のような状態になってしまいます。

脱水症状が起きてしまうと、

・だるさ
・疲労感
・吐き気
・食欲不振

といったようなものが起きてしまうのです。二日酔いでよく起こるものばかりですよね。

そもそもアルコールには水分を排出させてしまう作用がある、って知っていましたか。アルコールを50グラム摂取すると、600ミリリットルから1リットルも水分は失われてしまうのです。ウォッカなどを大量に飲んでしまえば、脱水症状がひどくなってしまいます。

脱水症状による二日酔いに関しては、アルコールを飲みつつ水を飲んだり、寝る前に水を飲む、といったことが大切です。たったそれだけでも、随分と脱水症状を抑えることが出来るんですよ。簡単なことなので、すぐに対策を実行してください。

お酒を強くするためにお酒を飲む!本当に効果があり?

二日酔いにならないためには、お酒に強くなることが大切、と思っている方が非常に多いです。確かに、お酒に強い人もいれば、お酒に弱い人もいますよね。お酒に強い人は定期的にお酒を飲んでいるイメージがあるので、たくさん飲むようになれば、アルコールに強くなるのではないか、といったことも考えてしまいます。その考えは正しいのでしょうか。

今回は、アルコールはお酒をたくさん飲むようになれば強くなれるのか、といったことについてお話します。

お酒を飲むと強くなるのは事実!

・近年の研究結果で定説が覆った!

今までは、お酒の強さは先天性のものとされてきました。アルコールの分解能力は遺伝によって決まっており、下戸の方は一生下戸である、とされていたのです。

しかし、研究がされてくると、その考え方が誤りであることがわかってきたのです。アルコールを分解する時に作用するのが、ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)といった物質です。

ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)はお酒を定期的に飲むことで、働きが活発になることがわかり始めました。実はALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)以外にもMEOS(ミクロゾームエタノール酸化酵素)といった物質があるのですが、お酒を飲むとその物質の働きが活発化することがわかったのです。

MEOSはALDH2と同じような機能を持っており、アルコール分解がどんどんと促進されるのです。要は、アルコール耐性がつくようになっていくわけです。

どんな方法でアルコール耐性をつけるべきか?

・弱いお酒から徐々に鍛えていくべし

最初はサワーやビールなどのアルコール度数が少ないものを利用してください。そして徐々にアルコール度数が高いお酒にチャレンジしていくのです。もちろん、いきなり大量に飲むのは厳禁です。ビールでもコップ1杯程度に抑えましょう。コップ1杯程度であれば、あまりアルコールが得意でない方であったとしても、気軽に飲める量ですよね。

最終的にはウイスキーを水割りではなくロックで飲めるようになれれば、かなり鍛えられた状況です。お酒を飲めるような体質に一歩も二歩も近づいた、といったことがいえます。

アルコールを飲んで鍛える時ですが、注意して欲しいのが休肝日を設ける、といったことです。週に1回はアルコールを摂取しない日を設けてください。鍛えるためとはいえ、毎日飲み続けてしまうのは厳禁です。

二日酔いにならない方法|お酒を呑む前に行うべきこと

二日酔いにならないようにするためには、オルニチンなどのサプリメントを利用する、といった方法があります。しかし、自己対策でも対応できないのかな、と考えている方もいるでしょう。

こちらではお酒を呑む前にできる簡単な自己対策方法を教えします。とても簡単な対策方法なので、参考にしてもらえたら幸いです。

水を飲んでからお酒を呑むようにすること

・ペットボトル1杯の水が二日酔いリスクを下げる

500ミリリットル程度でいいので、お酒を呑む前に水を飲んでください。二日酔いの原因ですが、実はアルコールによる、脱水症状が大きく関わっているのです。アルコールは、アルコール量の20倍の水を消費してしまう、といったことが言われているほどです。

たとえば、50グラムのアルコールを摂取した場合には1,000ミリリットルの水を消費するような状況です。もちろん50グラムのアルコールは、5%のサワー程度であれば、1リットル飲まなければ達成できない量です。飲む量を2杯程度で抑えられる方であれば、それほど重度な脱水症状になることはありません。しかし、ビールを1リットルも2リットルも飲んでしまう、といった方は確実に脱水症状が起こるので要注意です。

事前に水を飲んでおくことで、脱水症状が起きにくくなります。ちなみに、お酒を飲み終わった後も、多少の水を飲んでおくとなお良いです。身体は水を欲していないかもしれませんが、水を飲むことがあなたを二日酔いから守ってくれますよ。

空きっ腹の状態でアルコールを摂取しないこと

・乳製品などをアルコール摂取前に身体に入れておこう

空きっ腹にお酒を飲むと、アルコールのまわりが早い、といったこともありませんか。早く酔いたいから空きっ腹でも良い、と考えてしまう方もいるかもしれません。しかし、酔いが早いということは、当然二日酔いリスクも高まってしまいます。あとできつい思いをするのは自分なので十分に注意してくださいね。

アルコールには二日酔い以外にも、胃を荒らしてしまう作用があります。胃があれてしまうと、胸焼けなどが発生する可能性もあるので注意しなければなりません。胃を守るために重要なのが乳製品です。乳製品は消化に時間がかかるので胃の中にしっかりと残っています。また牛乳など肺に膜を張ってくれるので、アルコールの影響を引き下げてくれるのです。

二日酔いの時におすすめな食品|柿・桃・梅干し・チーズ

二日酔いは合成してしまったあとでも、ある程度の対策をすることで症状が落ち着くケースもあります。ついつい前日に飲み過ぎてしまった、といったようなことがあるのであれば、こちらで紹介するような食品を食べてください。つらい二日酔いが軽減する可能性が高まります。

二日酔いにチーズがおすすめできる理由

・アセドアルデヒドを分解してくれる

アセドアルデヒドが肝臓に発生してしまうと、アルコールの分解がされにくくなってしまいます。そこでチーズのタンパク質が出番になるのです。

チーズには良質なタンパク質がたっぷりと含まれています。そのタンパク質が、アセトアルデヒドを分解してくれる、といった作用を持っているのです。結果的に肝臓の働きを促進してくれます。

ただ、チーズを二日酔いの時に食べられるのか、といった問題はあります。2日酔いになってから、というのではなく、お酒のおつまみとして利用する、といったことを考えておきましょう。

二日酔いに梅干しがおすすめできる理由

・体の状態を中和してくれる

二日酔いになっていると、身体は酸性の状態になっています。梅はアルカリ性の性質を持っているので、食べると中和してくれるのです。酸性になっていると体の怠さなどが出てきてしまうこともあるのですが、梅干しを食べれば、だるさなどが軽減するわけです。

二日酔いに桃がおすすめできる理由

・ナイアシンが体の機能を高めてくれる

桃には非常に素晴らしいナイアシンと呼ばれる成分が含まれています。二日酔いの改善作用があり、代謝機能を高めてくれるのです。身体の機能を全体的に高めてくれるので、アルコールの分解も促進され、アルコールによる影響を軽減してくれます。

水溶性ビタミンなので、多く摂取してもほとんど問題がない、といったメリットがあります。二日酔い系のサプリメントで摂取するのもおすすめできる成分ですよ。

二日酔いに柿がおすすめできる理由

・タンニンがアルコールの吸収を防いでくれる

柿には渋みの成分として有名なタンニンがたっぷりと含まれています。タンニンには、アルコールの吸収を防ぐ、といった能力があり、さらにアセトアルデヒドを分解してくれる機能もあるのです。アルコール対策がバッチリ出来る成分、といっても過言ではありません。

フルーツなので果糖も含まれているのですが、実は低血糖対策にも利用できる、といったメリットがある食べ物なんですよ。

お酒に強くなる方法|ストレス対策・運動対策

お酒に強くなるには様々な方法があります。その方法の中でも注目して欲しいのが、ストレス対策と運動対策です。あまり知られていないのですが、ストレスの方と、運動不足はお酒に弱くなる原因を作ってしまいます。お酒に負けないようにするためには、ストレスの除去と運動を積極的に実施してください。

こちらでは、ストレスと運動不足がお酒に弱い体質を作ってしまう理由についてお話します。

お酒とストレスの相性が悪い理由とは?

・ストレスが肝臓に強い影響を与えてしまう

ストレスは身体に様々な影響を与えていることが分かっていますが、実は肝臓にも悪影響を与えてしまいます。

ストレス、交感神経を活性化してしまうことが分かっています。交感神経と副交感神経があり、副交感神経が活性化するとリラックス状態になります。しかし、ストレスは交感神経を活性化させてしまうのです。

副交感神経は肝臓を動かすのに関わっているのですが、交感神経が強くなってしまうと肝臓が動きにくくなります。アルコールの分解がされにくい状態になってしまうのです。

さらに、交感神経が強くなると内臓の血液量も少なくなってしまいます。その結果、肝臓に大きな負担が出てきてしまうのです。

ストレスが高まると、

・肝臓の働きが弱くなる

といったことがあるので、どうしてもお酒に弱くなって二日酔いなどが起こりやすい状態になってしまいます。

お酒と運動不足の相性が悪い理由

・栄養の蓄積が肝臓に負担をかける

運動不足の状態になると、エネルギーを体に蓄えるような状態になってしまいます。身体を動かさなければ、エネルギーは使われませんよね。どうしても身体に蓄積されていくことになってしまいます。

過剰な栄養の蓄積は肝臓に負担をかけ、結果的に肝臓の働きを低減させてしまいます。アルコールの分解がされにくくなり、二日酔いが長引く恐れもあります。

・血液の質が悪くなる

運動不足は血行不良を招きます。手足などの末端の血行が悪くなってしまい、血の質が悪くなってしまいます。肝臓は血液の浄化も行っているので、その処理で手一杯になってしまいます。肝臓が疲弊することになってしまい、結果的にアルコールの分解が優先して行われなくなってしまうのです。

運動することで血液の質をよくし、肝臓の機能をアップする、といったことが必要になってきます。

肝臓強化作用あり|クラチャイダムの真実

二日酔いになりにくくするためにサプリメントを利用する方は少なくありません。専用のサプリメントも販売されていますよね。近年ではオルニチンがブームになっているのですが、その中でも最近注目されているのがクラチャイダムです。

こちらでは、アルコール対策としてのクラチャイダムの効果についてお話します。より良い二日酔い対策が出来るサプリメントを探している、といった方は必見です。

クラチャイダムのアルコール対策効果|肝臓の強化

・リジンに良い作用あり

クラチャイダムには様々な成分が含まれているのですが、アルコールに関係しているものとして注目して欲しいのが「リジン」です。リジンは、アミノ酸の一種となっているのです。必須アミノ酸の一つとして注目される機会が多いのですが、体内では生成できないアミノ酸です。食べ物などで摂取しなければなりません。偏食気味の方はどうしても減りがちになってしまう成分です。

リジンの機能ですが、タンパク質の合成を促す、といったものがあります。そしてブドウ糖の代謝を促してくれます。そして肝機能を向上させる機能もあるのです。そもそもリジンが不足してしまうと、肝機能が低減してしまうことも分かっています。

リジンについては推奨の摂取量も決まっています。1日辺り2.1グラム必要とされているのですが、足りていない方も少なくありません。食品だけでは取りきれないのです。だからこそ、二日酔い対策サプリメントなどで定期的に体内に補給してやることが必要です。

クラチャイダムの摂取には問題はないのか?

・リスクは限りなく低い!

クラチャイダムによる副作用といったものはほとんど報告されていないのが実情です。自然界にあるものを利用しているので大きなマイナス作用があるようなことは考えられないのです。医薬成分でもありません。

肝機能を向上させてくれるリジンですが、リジンについては過剰摂取の問題があるとされています。1日あたり10グラム以上摂取してしまうと、下痢や胃痛などが起こってしまうのです。

摂取量には気をつけつつ、クラシャイダムも利用して二日酔い対策などをおこないましょう。ちなみに、時々摂取したとしても意味がありません。定期的に取り入れるのがおすすめなのです。面倒かもしれませんが、毎日飲み続けましょう。オルチニン系のサプリとどちらがいいか飲み比べてみるのも良いかもしれません。

二日酔いに効果あり?クラチャイダムの体験談

二日酔いに悩んでいた方がクラチャイダム系のサプリメントを利用して症状が改善した、といった声が多く寄せられているのです。こちらでは、クラチャイダムを実際に利用した方の体験談を集めてみました。実際に、二日酔いにしっかりとした効果が得られたのでしょうか。
それとも良い効果が得られなかったのでしょうか。

クラチャイダムを二日酔い対策のための飲んだ方の口コミ例

・いつもビールは2杯くらいしか飲めなかったのです。それ以上飲んでしまおうとすると、悪酔いしてしまったり、履いてしまったりといった状態になってしまいました。まわりに合わせて飲めない、といったものが大きな悩みであり、クラチャイダムを利用してみたのです。
クラチャイダムを利用したところ、今まで2杯しか飲めなかったのが3杯飲めるようになり、現状では4杯から5杯飲めるようになったのです。飲んでもそれほど酔わないので、肝臓の機能も上昇した様子。自分には抜群の効果があったようです。(30代前半・男性)
・お酒は飲めたのです。しかし、問題は次の日でした。頭痛がすごいことになってしまい、仕事にも大きな影響を与えてしまうのです。そんなことから、基本的に休日の前日しかお酒が飲めないような状態になってしまいました。
クラチャイダムに出会って利用してみたのですが、効果が出るまでには少しかかりましたが、次の日になっても頭痛が出にくくなったのです。もちろん、飲み過ぎた時にはしばらく頭が痛い状態が続いてしまっていたのですが、最近ではほとんど頭痛が起こりません。これもクラチャイダムの力なのでしょうか。(30代後半・男性)
・お酒に本当に弱かったです。一定以上飲み過ぎると、記憶をなくすこともありました。記憶をなくすほど飲むと同僚にも迷惑をかけてしまうので、なんとかしようと思って手を出したのがクラチャイダムです。
クラチャイダム。めちゃくちゃすごいですね。飲み始めてから記憶をなくしたことが一度もないのです。これだけ効果があるだなんて自分でもびっくり。現状ではお酒を楽しんで、しかも安心して飲めるようになりました。(40代前半・男性)
・年末年始が怖かった。だって、忘年会やら新年会が多いから。お酒が得意ではないので、いつも戦々恐々としていた。上司からの誘いは断りにくいし・・・。
クラチャイダムを飲むとお酒に強くなると聞いたので導入してみた。そしたら、お酒が飲めるは飲めるは。自分でもびっくりする程グビグビといけちゃいました。
今度の年末年始にはしっかりとクラチャイダムを活用しようと思ってます。(20代後半・男性)

肝機能向上!オルニチンのもたらす効果とは?

二日酔いに悩んでいる方は多いと思います。接待などをしなければならない、といった時にはある程度のアルコールをしっかりと摂取する、といったことになるでしょう。お酒が弱くても飲まなければならない、といったことはあるのです。

そこで出番になるのがオルニチンです。サプリメントなどでも販売されるケースが多くなっているのですが、実は、二日酔いに対して非常に強い力を発揮してくれることが分かっています。

こちらでは、実際にオルニチンがどのような効果を持っているのか、といったことについて明らかにします。お酒が弱くて悩んでいる方は必見です。

オルニチンには酔いを抑える機能あり

・血中アルコール濃度を引き下げてくれる効果がある!

血液の中に大量にアルコールがあるような状態になってしまうと、酔いが早く回ってしまいます。酔いが早く回ってしまうだけでなく、二日酔いになる確率も高めてしまうのです。

オルニチンには、血中アルコール濃度を引き下げるような作用が認められています。そもそも肝臓が弱いと血中アルコール濃度が高まってしまうのです。肝機能が強まっている方は、アルコールが早く分解されることになるので、血中アルコール濃度は低いままです。

オルニチンを摂取することで血中アルコール濃度が引き下がる効果があることが分かっており、酔いづらくなります。たとえば飲み過ぎたと思っていたとしても、定期的にオルニチンを利用していれば、思ったよりも酔いません。二日酔いになってしまうような状況も避けられるのです。

ただし、いくらオルニチンとはいえ万能ではありません。完璧な効果を得る、といったことは出来ないので、やはり飲み過ぎには注意してください。ちなみに、酔いにくくなったからといって飲み過ぎてしまう方もいるのです。それでは本末転倒、といった状態になってしまいかねません。

オルニチンの肝細胞の保護と再生促進効果

・肝臓が強まる具体的な作用

オルニチンを摂取することで、幹細胞の反故がされることが分かっています。甘いモノやアルコールによって破壊されないような状況を作り出してくれるのです。さらに、再生の促進効果もあるので、仮に傷を受けてしまったとしても、肝臓が通常の機能を取り戻すまでの時間が短い、といった効果まで期待できます。積極的にオルニチンを飲んでアルコールに強い肝臓を作りましょう。

お酒に強くなる!オルニチンを摂取できる食べ物とは?

オルニチンを摂取することで身体がアルコールに強くなっていきます。しかし、サプリメントでオルニチンを摂取するのは少し怖い、と思っている方もいるかもしれません。過剰摂取のおそれがあるのではないか、と思ってしまうこともあるでしょう。しかし、基本的には心配しなくて構いません。オルニチンは安全性の高い成分なのです。

こちらでは、オルニチンを食べ物から摂取したい、と思っている方に向けて情報を発信します。どんな食べ物に多く含まれているのでしょうか。

オルニチンを多く含む食品例

・しじみ
・キハダマグロ
・ヒラメ
・チーズ
・えのき
・タコ
・イカ
・エビ
・イワシなど

上記のモノに多く含まれていることが分かっています。特に海の幸に多い、といったことが理解できると思います。中には海の幸があまり得意ではない、といった方もいるかもしれません。そういった方に関しては、やはりサプリメントでの摂取がおすすめです。無理して魚介類を食べる、といったことをしてしまうと、精神的なストレスが溜まってしまい逆効果になってしまいかねません。

※そもそもストレスにもアルコールの影響を強く出させてしまう機能があります。

上記の食材の中で、最もオルニチンを多く含んでいる食材として広く知られているのが「しじみ」です。しじみにはものすごいパワーが秘められており、実際にアルコールをよく飲んでいる方は定期的に摂取しているほどなんです。

オルニチンとしじみの関係をもう少し深掘りしてみましょう。

しじみとオルニチンについて

・しじみにはアルコール対策が出来る成分が豊富に含まれている!

実は、しじみはオルニチン以外にも素晴らしい成分が多く入っているのです。たとえばカルシウムが多く含まれていたり、鉄分が多く含まれていたり、といった特徴を持っています。アルコールを摂取していると、どうしても食事量が減ってしまうことがあります。身体の機能が低下してしまい、その結果、調子が悪くなって、さらにアルコールの影響を高めてしまうのです。

しじみであれば、他にもタウリンも多く含んでいます。疲労回復などの効果も期待できるので、万能な食材、といっても過言ではありません。

・しじみのオルニチン量を増やす方法がある!

しじみを食べる前に冷凍するのがおすすめです。冷凍することでオルニチンの量が4倍近くになる、といったとこも言われているほどです。ちょっとした工夫でオルニチンをたっぷり摂取できますよ。

オルニチン系サプリ利用者の声

オルニチン系サプリメントの利用者はどんどん増えています。アルコール対策になるとのことで、口コミで広まっているのです。ただ、ほんとうに効果が得られるのか不安ですよね。

こちらではオルニチン系サプリメントの利用者の声を紹介します。飲んだら実際にどのような効果が得られるのでしょうか。本当に二日酔いになりにくくなるのでしょうか。オルニチンの利用を計画していた方は必見です。

オルニチン利用者の声|プラス評価とマイナス評価

・朝の調子が圧倒的に良くなりました。お酒を飲んだ次の日は、どうしてもだるくなっていたのです。その状態を取り除くためにも、オルニチンを愛用させてもらっています。(30代なかば・男性)
・自分が利用するためではなく、旦那に飲ませています。年齢が高くなるに連れ、アルコールを飲んだ次の日の調子が悪いようなので、オルニチンを飲ませてみました。旦那も、かなり効果を実感している様子です。「朝の目覚めが良くなった」といったことを言っています。二日酔いも飲み始めてから殆どなくなったのでは。(40代前半・女性)
・オルニチンサプリメントを飲んでみましたが、私にはあまり効果がありませんでした。オルニチンの含有量をシェックしたわけではないので、もしかしたら容量が少なかったのかも。もう一度チャレンジしてみようかな・・・。(20代後半・男性)
・お酒の件もありましたが、私の場合はダイエット目的で利用しています。身体の機能を高めてダイエットしやすい状態にしてくれるとのことで、期待して飲み始めました。身体も活発になってきましたし、半年で3キロ程度痩せました。運動していないのに、それだけの効果が得られるなんてちょっとびっくりです。(30代後半・男性)
・健康診断でいつも引っかかっていたのが、γGTPです。オルニチンを飲み始めた所、ついにγGTPが引っかからなくなりました。数値上の効果もでるなんて嬉しいです。(30代なかば・女性)
・寝る前に飲んでみたのですが、身体がほてってしまい、ちょっと眠りにくかったです。飲むとしたら、朝のほうが良いかもしれませんね。私は夜飲むのをやめて朝に飲んでみたのですが、そしたら特に問題なかったです。飲む時間帯には気をつけたほうが良いかもしれませんよ。(30代後半・女性)
・メタボリックシンドローム対策のためにも始めました。お腹周りを痩せようと思ったのですが。1ヶ月でかなりすっきりしたのです。ジョギングを始めたのも良かったかもしれませんが、素晴らしい結果が出ています。(50代なかば・男性)

お酒対策成分「ウコン」の効果・効能

お酒対策に注目されているものといえばオルニチンがありますが、ウコンも有名ですよね、オルニチンが出てくる前は、ウコンがアルコール対策ドリンクとして大いに注目されていたわけです。

こちらではウコンには実際にどのような効果があるのか、といったことをお話します。

ウコンには肝機能を改善させる作用がある

・クルクミンが良い効果をもたらしてくれる

ウコンに含まれているクルクミンですが、胆汁の分泌を活性化してくれる、といった機能を持っているのです。胆汁の分泌が活性化することで、肝機能の働きが活性化します。肝臓の機能が衰えているということは、胆汁の量に問題があるかもしれません。オルニチンでクルクミンを摂取して対策としてみませんか。

ウコンには二日酔いを抑制させる機能がある

・アルールの分解が促進される

こちらもクルクミンが素晴らしい働きをしてくれます。ウコンに含まれているクルクミンですが、アルコールの分解を行う酵素をサポートする働きがあるのです。アルコールの分解が遅れてしまうことで、二日酔いが発生してしまいます。クルクミンを摂取していれば、アルコールが入ってきても早急にアルコールが分解されることになり、酔いの症状も早く解除されるのです。

アルコールによる健康被害を抑制してくれる

・高血圧
・高脂血症
・心筋梗塞
・脳梗塞

上記のような病気をウコンが抑制してくれることが分かっています。ウコンには食物繊維が豊富に含まれており、その機能が健康度を高めてくれるのです。

食物繊維には腸内でコレステロールを吸収して、そのまま体外に排出させてしまう、といった作用があります。コレステロールは血液にも重大な作用をもたらしてしまいます。そのような状況を未然に防ぐ機能がウコンにはあるのです。

もちろん、すでにコレステロール値などに以上がある方の利用に関しても問題ありません。コレステロール値の低減作用が期待できます。

高血圧などの原因になる動脈硬化に関しては、生命にも大きく関わってきます。動脈硬派は梗塞にも関係しており、大きな健康被害をもたらしてしまうのです。単にアルコール対策としてだけでなく、将来的な健康を守るためにもウコンの利用はおすすめです。

オルニチンと併用する、といった方法もおすすめです。ウコンとオルニチンを積極的に利用して、アルコール対策、そして健康対策を実施しましょう。

効果はあるの?ウコンサプリ利用者の口コミ

ウコンには健康効果やアルコール対策としての効果があるとされています。錠剤タイプやドリンクタイプなど、様々なサプリメントが販売されていますよね。定期的に飲んでいる、といった方もいるでしょう。

しかし、ウコンを利用してほんとうに効果が得られるのでしょうか。それとも効果は得られないのでしょうか。こちらでは、ウコンサプリメントを利用した方の体験談を集めてみました。利用するかの判断に役立ててもらえたら幸いです。

ウコンサプリの口コミ|プラス評価とマイナス評価

・忘年会シーズンに導入してみました。飲んでみたところ、二日酔いが起こりにくくなったのです。送別会や新歓の季節にもウコンサプリメントを利用しようと思っています。(30代後半・男性)
・ウコンのサプリメントは、他のアルコール対策サプリと比べて安いので経済的で助かっています。定期的に利用するとなると、やっぱり値段は重要ですからね。(20代後半・女性)
・飲み会が続くと、どうしても翌朝に影響が出てしまう私。とにかく朝の頭痛が毎回すごかったのです。お酒を飲んでいるときは美味しいと感じるのですが、その後が地獄の思いをしてしまいます。だからこそ、ウコンのサプリメントを利用してみました。飲み始めてかなり早い段階で、頭痛が軽減したのが分かりました。お酒を呑む時だけでなく、日頃から飲んで二日酔いに備えようかな、と思っています。(30代後半・女性)
・ウコンを利用していますが、これといった良い効果は実感しませんでしたね。サプリメント程度であれば、効果もたかが知れている、といった感じなのでしょうか。私は、オルニチンサプリに切り替えようと思っています。(30代前半・男性)
・ウコンとオルニチンを飲み比べてみかした。ウコンを飲んでアルコールを摂取した後と、オルニチンを飲んでアルコールを摂取した後を比較してみたのです。その結果、オルニチンのほうがすっきりとした目覚めがありました。長期的な健康に関してはよくわかりませんが、少なくても二日酔い対策としては、オルニチンのほうが適していると思います。(40代後半・男性)
・ダメでした。ウコンはあまり聞きません。含油量が少なかったのかなぁ。期待していたのに結果が出なくて残念。(40代なかば・男性)

体験談まとめ

・ウコンは賛否両論

効果が出たといった口コミが多いことは確かですが、逆に効果が出なかった、とする意見が多かったのも気になりました。

オルニチンの方が良い結果が出やすいのかもしれません。とりあえず、両方共比べてみて、体質にあっている方を選ぶ、といったことがおすすめです。

最新成分「ポリコサノール」のお酒対策効果

お酒の対策成分としてはウコンであるとかオルニチンが話題になっています。どんどんと摂取して、肝臓の調子をよくしよう、と思っている方も少なくありません。ちなみに、現在最新のアルコール対策成分として注目されているのが「ポリコサノール」です。素晴らしい効果が有ると話題になっているのですが、実際にどのような効果が期待出来るのでしょうか。

二日酔いの原因「アセトアルデヒド」対策ができる!

・アセトアルデヒドがたまらない体質になる

二日酔いの原因として考えられているのがアセトアルデヒドです。アルコールを分解するときに発生するものですが、悪酔いの症状を起こしてしまいます。身体がだるくなってしまうなど、つらい思いをしてしまうこともあるのです。

アセトアルデヒドですが、実はポリコサノールによって対処できることが分かっています。ポリコサノールを摂取することによって、アセトアルデヒドが体内にたまらなくなります。要は、発生したとしてもその場にとどまりにくくなるのです。その結果、体に悪い作用が出てくる、といったことが避けられる状態になります。

ポリコサノールには危険性はないのか?

・天然成分なので問題なし

ポリコサノールといったかなり珍しいネーミングなので、危険な成分なのではないか、と思われてしまいがちです。しかし、サトウキビから抽出された成分に過ぎません。天然成分となっているので、安心して身体に取り入れることが出来るのです。

もちろんサトウキビから直接摂取しなくて構いません。きちんとサプリメントが出ているので、そちらを利用して摂取することが可能です。

消化促進作用もあるポリコサノール

・ダイエット機能も期待できる

お酒をよく飲む方は、どうしても太りがちです。おつまみを食べ過ぎてしまう、といった方もいるのではありませんか。

ポリコサノールですが、消化にかかわる酵素も含まれているのです。炭水化物を分解してくれるなど、エネルギーを溜まりにくい状態にしてくれます。メタボリックシンドロームで悩んでいる、といった方にも有効な成分の一つなのです。

お酒に弱くなってくる時期と、お腹周りに肉がつきやすくなる時期は一緒ですよね、両方に対処できる成分のポリコサノールからは目が離せません。

ポリコサノールのアルコール対策効果の体験談

アルコール対策成分として話題になっているのが、ポリコサノールですが実際にどのようなこうかを得られるのでしょうか。こちらではポリコサノールをセシュした方がどういった感想を持っているのかを明らかにします。

アルコールに弱くて悩んでいる、といった方は必見です。

ポリコサノールの体験談|良い評判と悪い評判

・飲酒した翌日は、どうしても化粧ノリが悪くなってしまうのです。肌荒れに近いような状態になってしまうのが大きな悩みだったのですが、ポリコサノールを飲み始めてからその状況が大きく変化しました。化粧ノリが良くなるのが不思議です。お肌にも効果があるとは知りませんでした。(20代後半・女性)
・お酒を飲むと、翌日は必ずと言っていいほど二日酔いになってしまっていました。そんな状況を避けるためにも、ポリコサノールを活用。飲んでみると、非常に高い効果が得られたのです。いままで悩んでいた二日酔いがどこかに言ってしまいました。これほどまでに効果があるとは思いもしませんでした。(30代なかば・男性)
・いままではウコン派でした。アルコールに良い効果をもたらしてくれるとのことで利用していたのですが、あまり高い効果が実感できず。そこで利用してみたのがポリコサノール。効果があるのか半信半疑でしたが、だるさや吐き気などが全く感じなくなりました。お酒にも強くなった感じですよ。(40代前半・男性)
・お酒が弱くて飲み始めましたが、効果はありません。口コミの評価は高いので、期待して飲んでおいたのですが無駄になってしまいました。ウコンとかオルニチンも試してみようと思っています。(30代前半・女性)
・二日連続でお酒を飲む、ということがいままではできませんでした。お酒が抜けきらずに、身体が悲鳴を上げてしまっていたのです。しかし、ポリコサノールを利用し始めてからその状況は一変。二日連続でお酒を飲んでも特にマイナスの現象は現れません。高い効果を実感しています。(40代なかば・男性)
・お酒を呑む前に飲まないと効果が薄い、というのは少しデメリットだと思います。どうしても飲み忘れてしまって・・・。(30代前半・女性)

体験談まとめ

・二日酔いの改善作用と美容作用がある

ポリコサノールをチェクしていくと、二日酔いの改善作用と美容作用が高いことが分かりました。

一方で、効果が出なかった、といった方も少なくありません個人差があるようなので、お試しで利用して判断するのが良さそうです。