セノビールってお得なの?

セノビール(せのびーる)がママたちに人気の理由は、背を伸ばす効果にもありますが、さらに人気に拍車をかけているのがその価格の安さです。

でもセノビール(せのびーる)って本当にお得なのでしょうか?

セノビール(せのびーる)の値段が本当にお得かどうかを検証してみました。

市販の牛乳とセノビールを比べてみました

セノビール(せのびーる)は1日に必要なカルシウムを1日2粒食べるだけで補うことができます。

定期購入では初回1,980円で、2回目以降はずっと30%OFFの2872円です。

一方、カルシウムをコップ1杯で補うことができるミルクがよく販売されていますが、価格はおよそ900mlで税込み200円くらいです。ですが毎日飲むことを考えると、だいたい1か月に10本ほどの牛乳を消費しないと、毎日必要なカルシウムを補うことはできません。

つまり市販の牛乳でカルシウムを補う方法だと、毎月2000円の出費はかかる計算になります。

セノビール(せのびーる)は2か月目以降、2872円なので、これなら牛乳の方がお得なのでは?とママたちは思います。ですが、これは牛乳のカルシウムに限った話です。市販の牛乳には残念ながら、カルシウムの定着効率を上昇させるビタミンDを同時に摂取することはできないです。

つまりビタミンDは干しシイタケやいわしなどの食材から摂取するか、サプリメントで摂取しないといけません。ただビタミンDを多く含む食材で、子供が比較的食べられるであろう食材は干しシイタケかいわしです。アンコウなどはまず普通の家庭の食事にはしょっちゅうでてくることはないですよね。

つまりシイタケやいわしはなかなか料理に取り入れるのは難しいし、ましてや子供が嫌いだった場合、ビタミンDをお子さんに摂取してもらうのはサプリメントしか手段がなくなります。

市販のビタミンDのサプリメントは1か月分で安くても980円です。
牛乳の食費と合わせると、2980円もの費用がかかってしまいます。

つまり「セノビール(せのびーる)」の2か月目以降の1か月分の値段2872円の方がお得という計算になります。

さらにビタミンDのサプリメントは大人用しか薬局では販売されていないです。錠剤タイプは小さなお子さんでは飲めないということも多いですし、ましてや毎日、子供は「薬を飲まされている」という気持ちになります。

一方、「セノビール(せのびーる)」はおいしいココア味のタブレットなので安全に小さな子供でも、毎日楽しく食べて、背を伸ばすのに必要な栄養を補うことができます。

さらに「セノビール(せのびーる)」には独自の成分、米ぬか多糖体(RBS)を配合しており、成長ホルモンバランスを整えて、身体を丈夫にしてくれます。これはセノビール(せのびーる)独自の成分のためサプリメントとして販売されていないので、値段はわかりませんが、自分で牛乳とビタミンDしかとれないと、セノビール(せのびーる)の1ヵ月の価格よりも高くなるだけでなく、成長ホルモンバランスを整える栄養も摂取できないということになります。

ママが一生懸命、毎日牛乳を飲ませてビタミンDのサプリメントを飲まると、成長ホルモンバランスはサポートできないし、しかも「値段も高くなって損!」ということになります。

ですので、セノビール(せのびーる)は実はとてもお得ということです。

さらにココア味のタブレットタイプでお菓子みたいなので、子供が勝手に食べてくれて、ママも毎日、楽チンです。
牛乳を飲みなさい!と注意する必要も牛乳を飲んだ後のコップを洗う手間もなくなります。時間的なコストの節約にもセノビール(せのびーる)はつながります。
そういったママのことも考えると、「セノビール(せのびーる)」って値段だけでなく、成分でもママの手間の面でもとってもお得なんです。

ぜひ、おこさんの成長をサポートしたいなら「セノビール(せのびーる)」がお得で絶対おすすめです。


>>セノビール500円モニターはこちらから<<

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ